脂肪は男にとっても女にとってもやっかいなもの

こんにちは。最近お腹周りを気にしだして筋トレを始めましたが、長続きさせるのは大変そうです。

ということで、美容の大敵「脂肪」について知識を深めていこうと思います。

まず、脂肪と聞くと、様々なワードが連想されますね。

 

お肉のサシであったり、おなかのたるみ、ふとももの幅を増やすもの、どれもこれもあまりいいイメージではないのではないでしょうか。

ダイエットを行うときにも、必ず考えを及ばせなくてはならないのがこの脂肪、というやつですが、なかなか効果的に減らす方法ってないですよね…。

そもそも「楽にダイエットしよう!」という考えがデブ、という格言すら生まれてくる昨今ですので、あまり甘い考えはしない方向でいきましょう。

 

さて、脂肪を減らすのに最も手っ取り早い方法と言えば、まずは「食べる量を減らす」「カロリーを減らす」というのがありますよね。

そもそも体に入ってくるエネルギーの量を減らし、余分なものを体に蓄積させない、という作戦ですね。非常に理にかなっていると思われます。

脂肪がなぜひとの体に沈着していくかと言えば、使う必要のなかったエネルギーをいつか使うために体に貯蓄していくからなんですね!

 

なので、わけもなく食べ物をたくさん食べておやつたべてろくに運動しないような人のお腹や首、全身の至る処には脂肪がつきまくっている、ということなのです。

その量を減らす作戦としてのカロリーを減らす、という行動はやりすぎには注意した方がいいものの、立派な作戦の一つです。

または、「脂肪を運動で燃やす」というのも2大作戦の一つかと思います。自分にストイックな方はこちらを先に思い浮かべるのではないでしょうか?

また、その運動も筋トレなどの「無酸素運動」よりも、体を比較的長時間動かし続ける、マラソンなどに代表される「有酸素運動」の方が、脂肪燃焼の効率を考えた際は有用とされています。

 

なので、ダイエットを始めようとする方は、問答無用に有酸素運動に飛びつくことが多いのではないでしょうか。

じつは、筋トレによって筋肉が肥大すると、それに応じて体の代謝量も上がっていくので、筋トレオンリーだけでも脂肪は燃えやすくなっていくのです。

なので、筋トレをした後にマラソンなどの有酸素運動をするのが、効率的に脂肪を燃やす最善手段ということなのです。

皆さんも、これからダイエットに励もうとしている方がいらっしゃれば、ぜひともこの記事を思い出していただいて、脂肪を燃やしにかかってください!

 

Uncategorized

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です