月別: 2017年10月

SocialAV公式ー脂肪燃焼サプリを飲んで痩せマッチョになる3つの対策

脂肪を減らしていくためには、食事の内容を考えることが大切になります。脂肪燃焼サプリを接種することを心からおすすめします。

脂肪を燃焼したいのなら脂肪燃焼サプリ一択!

そのひとつが唐辛子などに含まれているカプサイシンで、胃や小腸で吸収されたカプサイシンが血液によって脳を刺激し、アドレナリンの分泌を促します。アドレナリンはエネルギーの代謝を高め、皮下脂肪を燃焼させることで身体を燃焼させてくれ、発汗効果が期待できます。そのため、ダイエット成功の核となる基礎代謝量をアップさせるサポート役として活躍してくれるため、運動と合わせてカプサイシンを含んでいるサプリメントを併用すると楽に痩身効果が期待できます。
また、ビタミンB2は体内の脂肪を分解するために使用される成分です。脂肪を多く摂取すると、ビタミンB2が消費されて身体に不足を招いてしまうほど脂肪の燃焼とビタミンB2は密接に結びついています。つまり、体内の脂肪を減らしたいときに必須となってくる成分がビタミンB2です。そのため、適量のビタミンB2を定期的に摂取することで脂肪を効率的に燃焼させることが可能となります。ビタミンB2はきのこ類に豊富に含まれています。きのこは脂肪を減らすのには効果的な他、カロリーがほとんどなく、さらに食物繊維を多く含み、ダイエットの強い味方です。とくに、干ししいたけはビタミンDが非常に多く増え、栄養素が高いので、食べるだけではなく、出汁としても積極的に使っていきましょう。ただし、きのこは油を使って調理すると、たくさん吸収してしまうので注意が必要になります。煮物や鍋物に入れたり、雑炊やリゾット、味噌汁などにしたりするといいでしょう。
食べ方も大切になります。お腹がかなり空いていて、血糖値が低くなったときに大量にものを食べると、身体が栄養素をできるだけ吸収しようとし、血糖を脂肪に変えて脂肪細胞を溜め込むようになります。また、夜遅い食事は胃に負担をかけ、翌朝の食欲不振につながります。ますます夜に大量に食べるという悪循環に陥ってしまうので、夜9時以降の食事は避けたいところです。どうしても夜9時以降に食べたいときには野菜や海藻、こんにゃく、寒天など低カロリーの食材を多く利用したいところです。
よく噛んで食べることも大切です。早食いすると満腹中枢が刺激されず、食べ過ぎてしまう原因になります。唾液がたくさん出ることによって、消化にもいい影響を与えてくれます。食べすぎを防ぐためには、サラダや煮物などの野菜料理から食べるようにすると、ある程度の満腹感が出るので、そのほかの 主食や主菜を食べ過ぎてしまうことを防いでくれます。

脂肪を減らしてダイエットを図るためには、血行を改善させるツボを刺激していくのが大切になってきます。その他にも、肺の機能が低下すると新陳代謝が低下していくことがあるので、これらの機能を改善していくツボも有効です。
「血海」「梁丘」は膝のあたりにあります。ひざを曲げて、脚と反対側の手の手首を回して膝頭を覆います。親指が届く辺りが血海で、人差し指が届く辺りが梁丘です。血海は体内の血行をよくするツボで、梁丘は胃の働きを調整してくれます。どちらのツボもかなり力を入れて親指で押し揉み、押した後でドライヤーなどで温めるとより効果的です。
そういった際には脂肪燃焼サプリを飲むことが非常に効果的であると言われています。

脂肪燃焼サプリの接種によって脂肪を消化しながらも痩せやすい体質を作ることが可能になるのです。
脂肪燃焼サプリのサイトにはこのように記されています。

余ったエネルギーは脂肪に変わります。

糖質を分解することで、ダイエットをサポートするというわけですね。

その他にも、摂取カロリーを減らす効果や冷え性改善などの効果があります。

しかし、1つだけ注意しておきたいのは、脂肪燃焼サプリを飲むだけでダイエットが成功するわけではないということです。

脂肪燃焼サプリはあくまでもダイエットの補助。

普段の運動や食事の制限だけではなかなか痩せづらいダイエットの効果を高めてくれるものです。
出典元:脂肪燃焼サプリおすすめランキング2018

「三陰交」は足首の内側にあり、くるぶしから指4本分ほど上あたりの骨の脇にあります。ここは血行をよくするツボで、女性ホルモンの分泌を整えてくれます。刺激する際には片手で脚を挟むように持ち、親指でグッと押すようにしましょう。これも温めるとより効果が上がります。
「養老」は、手首の小指側のグリグリとした下の縁よりやや外側にあるツボです。人差し指で押すように揉みましょう。ここは身体の余分な脂肪をとり、老廃物の排出をスムーズにする効果があるツボです。「合谷」は手の甲側、人差し指と親指を大きく開いたときに2つの骨が合わさるところにあります。このツボは肺の機能を活発にし、粘膜や皮膚に効果があるツボですので、ストレスを抑える作用もありますので、毎日刺激するといいでしょう。なるべく大きく親指と人差し指を開き、もう片方の手の親指と人差し指で挟み込むようにして力を入れて押し揉みます。
「湧泉」は土踏まずの中央よりややつま先寄りにあり、少しくぼんでいるところです。ここを刺激すると腎臓の機能が上がり、膀胱や大腸などの器官の働きも活性化されます。疲労回復の効果もあるため、両手の親指を重ね、力を入れて押したり揉んだりしましょう。
「中脘」は、みぞおちとおへその中間部分にあります。この効果は胃の働きをスムーズにし、胃酸の分泌をよくしてくれ、気持ちの高ぶりを鎮めるのにも効果があります。両手の手のひらを重ねて当てるだけでも治療効果があります。
「気海」は、おへその指2本分下のところにあります。ここのツボを刺激することで身体に活力をもたらすことができます。ここもドライヤーなどで温めるとより効果が期待できます。
ほかにも、耳には神経を落ち着かせるツボが集中していますので、毎日2~3分ほど、耳を引っ張って刺激すると徐々に神経が落ち着いてきます。親指と人差し指で耳を挟み、上・横・下に引っ張ったあと、耳全体をまんべんなく揉むようにしましょう。脂肪燃焼サプリは非常に重要なのです。

Uncategorized

No Comments

脂肪は男にとっても女にとってもやっかいなもの

こんにちは。最近お腹周りを気にしだして筋トレを始めましたが、長続きさせるのは大変そうです。

ということで、美容の大敵「脂肪」について知識を深めていこうと思います。

まず、脂肪と聞くと、様々なワードが連想されますね。

 

お肉のサシであったり、おなかのたるみ、ふとももの幅を増やすもの、どれもこれもあまりいいイメージではないのではないでしょうか。

ダイエットを行うときにも、必ず考えを及ばせなくてはならないのがこの脂肪、というやつですが、なかなか効果的に減らす方法ってないですよね…。

そもそも「楽にダイエットしよう!」という考えがデブ、という格言すら生まれてくる昨今ですので、あまり甘い考えはしない方向でいきましょう。

 

さて、脂肪を減らすのに最も手っ取り早い方法と言えば、まずは「食べる量を減らす」「カロリーを減らす」というのがありますよね。

そもそも体に入ってくるエネルギーの量を減らし、余分なものを体に蓄積させない、という作戦ですね。非常に理にかなっていると思われます。

脂肪がなぜひとの体に沈着していくかと言えば、使う必要のなかったエネルギーをいつか使うために体に貯蓄していくからなんですね!

 

なので、わけもなく食べ物をたくさん食べておやつたべてろくに運動しないような人のお腹や首、全身の至る処には脂肪がつきまくっている、ということなのです。

その量を減らす作戦としてのカロリーを減らす、という行動はやりすぎには注意した方がいいものの、立派な作戦の一つです。

または、「脂肪を運動で燃やす」というのも2大作戦の一つかと思います。自分にストイックな方はこちらを先に思い浮かべるのではないでしょうか?

また、その運動も筋トレなどの「無酸素運動」よりも、体を比較的長時間動かし続ける、マラソンなどに代表される「有酸素運動」の方が、脂肪燃焼の効率を考えた際は有用とされています。

 

なので、ダイエットを始めようとする方は、問答無用に有酸素運動に飛びつくことが多いのではないでしょうか。

じつは、筋トレによって筋肉が肥大すると、それに応じて体の代謝量も上がっていくので、筋トレオンリーだけでも脂肪は燃えやすくなっていくのです。

なので、筋トレをした後にマラソンなどの有酸素運動をするのが、効率的に脂肪を燃やす最善手段ということなのです。

皆さんも、これからダイエットに励もうとしている方がいらっしゃれば、ぜひともこの記事を思い出していただいて、脂肪を燃やしにかかってください!

 

Uncategorized

No Comments

秋だからこそ肌トラブルの素にしっかり対策。取り立て葉野菜で美肌に!

夏ってあまり食欲出ませんよね。

 

わたしなんかついつい、お蕎麦やひやむぎ、そうめんなどあっさりしてすぐに食べられるものばかりになり、7-8月を過ごす間の夏休みを過ぎたあたりで、炭水化物ばかりになってしまい、おなかぽっこり、そして落胆というより絶望してしまいます。

 

パンだけ食べたりご飯だけ食べているのと同じで、これがほんとうに吹き出物と、脂肪のもとになりやすいんですよね。

 

どうしても夏は、食欲がなくイチョウが弱りがちなので、野菜や果物が少なくなりがち。ついでに肉や魚も少なくなりがち。

こってりした揚げ物や牛乳や卵のような濃厚なものもたべなくなってしまって、秋を迎えるころにはいつも肌も髪も荒れ放題。

 

「自分でも、野菜のビタミンやいろいろな成分は、まとめ食べはできないとよくわかってはいる」のです。

ですが、ついつい後回しになっていて、栄養バランスは最悪。

 

そこで秋の収穫期で一番お野菜の栄養価も高い時期に、取り立ての葉野菜などを大量にまとめ食べしてみることにしています。

 

物質輸送や組織のわかわかしさの維持、それにちょくせつ肌などを美しくしてくれるほか、妊活栄養素などとも言われている葉緑素が、とれたて葉野菜には本当に豊富。

 

さらには近年注目されている、体内の血管などに非常に多くみられ、疲れた現代人の生活で、血管の老化、白髪の原因、肩こりや肌くすみ、ごわごわとした肌の質感などにつながりやすい活性酸素対策に期待されている、ビタミン各種や天然の酵素が豊富に含まれているらしいのです。

 

なんだか、それなら毎日葉野菜だけ食べていればいいじゃないかという感じもしてきますが、実際女性の、しかも20代を過ぎて、ちょっとした油ものが胃にもたれるようになった体には、生野菜は非常に負担が大きいのです。

 

あまり20代前半のころにはわかりませんでしたが、たくさん果物や生野菜を食べた後には、体が底冷えする感じがするんですよね・・・

 

 

食べるにも、やはり手抜きせずに、しっかりと適切な調理を施す方が良いのかななんて気づき始めました。

 

たとえば最近健康野菜として、スーパーなどでも葉が売られているケールは、日本では生の物を絞って飲むか、軽く加熱した葉を絞ったりしたものが一般的。

 

ですが原産地では、意外と熱に強く、そして軽く脂と一緒に炒めることで吸収効率が増して、量がぐっと少なくなることから、いつも炒めていろいろな食事のつけあわせとして使われているっていうじゃないですか!

 

ためしに一度、ナマ部分が軽く残るように炒めてみましたが、非常にマイルドで食べやすくなりました。ナマ部分が残るので、ほぼサラダ感覚ですね。

むしろ、冷えたドレッシングのオイルよりも少ない分量の脂ですむので、ヘルシーです。

 

他にもいろいろな野菜で、この内部まで全部組織を壊さない炒め方は、健康効果を増してくれるらしいので、これから積極的に取り入れていきたいと考えています。

Uncategorized

No Comments