月別: 2017年7月

足の裏のホクロを取ったら太ったので、ダイエットを始めました

数か月前のことです。

足の裏にホクロがあることが判明し、手術で切り取ることになりました。

手術は無事終了し、ホクロは結局良性でした。

 

と、ここまではよかったんですけど。

足の裏を切られたおかげで、普通に歩けなくて、一か月ぐらいインドア生活になってました。

 

そしたら、見事に太りました。

手術前と同じ食生活してたので、当然と言えば当然ですが、やはりショックでした。

いつもは問題なく着れてたズボンが入らない!

何てことでしょう。

 

インドア生活をしていても、筋トレなどしていれば、ここまで太らなかったと思います。

でも、筋トレって苦手なんですよね。

力み過ぎて、肩こりが悪化してしまい、頭痛になってしまうのです。

 

太ってしまったこの非常事態に、好きとか嫌いとか言っている場合ではないのですが。

でも、やはり続かないと意味がない訳でして。

そんな訳で筋トレはパスです。

 

歩いたり走ったり、という選択肢もあります。

しかし、切り取られた部分の皮膚がまだ薄くて、長時間歩いたり走ったりすると、皮膚が擦れて辛いです。

 

どうしたものかなぁと考えて、選んだのは自転車。

少し走ってみたら、それほど負担がかからなくて、これなら頑張れそうです。

 

幸い、折り畳み自転車でスポーツ車があるので、これに乗ることにしました。

実は5年前に腕をケガしてしまい、それ以来倉庫に封印されてました。

 

乗り心地なんてすっかり忘れてましたが、ギアがたくさん付いており、ママチャリより全然快適!

膝に負担がかかりにくく、楽に漕げます。

 

とはいえ、長らく怠けた身体にあまり重いペダルを漕ぐのは無理です。

無理すると、しんどいし、続きません。

ということで、軽めのギアで流していきます。

 

最初はごく短い距離から始めて、少しずつ距離を伸ばそうと思っていたのですが。

走り始めてみたら、予想外に結構走れてしまう自分がいました。

結局、1週間もたたないうちに、10km以上走っています。

何という、うれしい誤算。

 

食事も少し見直しました。

とりあえず、脂質を減らしてます。

 

良く使う食材は、アサリです。

安いし、栄養価も結構高いし、カロリーも少ないと、3拍子揃ってます。

脂質が低くて、鉄分も摂れます。

和洋中、何でも合う料理が作れるところもうれしいです。

 

後はコンニャクも良く使います。

ダイエットの定番食材ですが、安くてカロリーが少ないのはやはりありがたいです。

個人的にはレバ刺し風コンニャクで、ノンアルコールビールを飲むのが気に入ってます。

水溶性食物繊維が豊富なので、お通じも良くなって一石二鳥です。

 

そんなこんなで、体重はジワジワ減り始めました。

入らなかったズボンが無事にはけるようになれるのか...まだまだ道は険しいです。

Uncategorized

No Comments

ようやく、体重が落ちてきたんだけど、これからが難問

ダイエットを始めて約1週間、ようやく体重が落ち始めてきたので安心しました。それにしても、3日目で体重が増えてきた時にはどうなっているんだと思ったのですが、カロリーを減らしても体重が増えるというのは今考えても不思議なんです。

下手な想像だけど、やはりダイエットを急に始めたことで空腹感を感じて動く気が無かったって事しか、考えにくいなあ。

以前のダイエットの時は、2日ぐらいから体重が落ち始めて1週間後には、これはいけるし体も軽いぞって感じになったから、この先どんな結果が待っているやら不安です。

もちろん、体重を落とすだけが目的じゃないので、それをきっかけに健康的な体を作らなければいけないと思います。

健康のためにやっているダイエットで容姿目的じゃないから、体重が減ったとしても病気になりやすい体になっては元も子もありません。

節度なる減量で、慌てずじっくりと体重を落としてもうちょっと動ける体になったら、歩くとか運動するとかで筋肉もつくらなきゃ。

 

最近は、体重はあまり変わらないのに、腕とか脚が細くなっています。その代りお腹まわりだとかに肉が付く。よって不健康な体になってしまっているんです。

本当は、背筋だとか腹筋を鍛えなきゃいけないけど、多分今の体力のままだと多分失敗しますね。運動系は…

 

そうなると、とりあえず食事制限なのだけどこれがまた難しくて、カロリーだけを減らしては筋力も落ちてしまうし、なによりも栄養の偏りが出てきてしまうので体に悪いわけです。

ただし、かなり太り気味なのでひとまず体重を10キロぐらいは減らさなければいけないというジレンマに陥るわけです。

 

以前だと、体重が少し落ちただけで喜んでいたけど、今はそれほど喜べないのはただ単に筋肉が落ちているだけという疑問が残るからです。

筋肉は、脂肪に比べて重いからダイエットによって筋肉が落ちれば当然体重は落ちます。だからこそ、ダイエットで辛くて気を付ければいけないのは、体重が落ちなくなった状態です。

何故ダイエットしているのに体重が落ちないんだというのはこの状態に陥っているからであり、精神的につらくなるわけです。

贅肉が落ちるのはそれからなのだけど、途端に体が拒否反応を示し始めるのはこれが原因だと思われます。

そして、さらにこの状況を困難にしているのがその贅肉を筋肉に変えなければいけないのだけれど、そうすると体重が増えてしまうのです。

そこらへんのバランスをどうやって考えていくか?難問ですね。